PROJECT

D-SHIPS32が提供するプロジェクトをご紹介。

FOR CHILDREN

「100%の行ってらっしゃい!」で子どもを

送り出せる環境で、子どもを120%成長させる 

 

 健常者が当たり前にできることを、障害がある子も同じ様に挑戦できる様に、D-SHiPS32は子どもたちの「やってみたい!」を

『無理×アイディア=可能』にしていく、様々な取り組みを行っています。

 D-SHiPS32のプロジェクトは、楽しい体験を一緒にすることで、それぞれの持つ違いを自然に理解し、助け合える環境を育んでいけるよう、境目を作らないプログラムにデザインされています。

 また、障害児を持つ家族が気軽に参加できるプログラムがまだまだ少ない中、出来るだけ多くの体験を家族にも届ける事を意識しています。

 

●PROJECT

*キャンプ

*ユニバーサルビレッジ「きっかける103」
(バリアフリー農業体験等)

*Kids Challenge Trip

*院内学級スポーツ授業

 

FOR PARENTS

明日も笑顔でいるために、

たまには親だっておやすみが必要

 

 障害児を持つご家庭は、子どものケアやサポートに健常者の子どもより多くの時間と労力がかかります。子どもたちと元気に笑顔で過ごしてもらうために、お父さんやお母さんも笑顔になってもらいたい、たまにはポート(港)に戻って我々がサポートする事で自分の時間を楽しんでもらいたい、きょうだい児(兄弟の中に障害を持つ子)が親を独占する時間を持ってもらいたい、そんな思いで始まったプロジェクトです。

 

 

 

 

●PROJECT

おやぽーと

 

 

FOR COMMUNITY

世の中をもっと楽しく、もっとポップに

 

 障害者の周りには課題があふれています。私たちはその課題は世の中を変えるチャンスだと考えます。例えば、現在日本にはバリアフリーを必要とする人が4000万人いると言われています。バリアフリー化を進めれば、子どもやお年寄り、ベビーカーを使う家族や、重いスーツケースを持つ旅行者など、4000万人よりももっと多くの人にとって、ハッピーな環境を作ることができます。

 街で車椅子に乗ったり、パラスポーツを通じて「困りごと」「できないこと」を体験してもらうことで、世の中をもっと楽しく、もっとポップにするキッカケを見つけてもらえるプロジェクトです。

 また、パラスポーツを通して企業やコミュニティーのチームビルディングや交流を生む研修も行っています。

 

 

●PROJECT

*パラスポーツ研修

*車いすスポGOMI

スポーツ体験会